息子への手紙を書いてから(田中幸子)

息子への手紙を書いてから初めて読み返してみました。
メールも”送信エラー”で戻ってくるのがわかりながら時々送信しています。
電話番号もアドレスも消すことが出来ずにそのままにして家族のグループに登録しています。

2005年11月16日
警察官だった息子 34才の人生を自らの手で幕を降ろした日、命日です。
納棺の日は私たち夫婦の35回目の結婚記念日でした。
息子は結婚もして三才半の娘もいて幸せだとばかり思っていました。
宮城県多賀城市で飲酒運転によるRV車事故、高校生の列につっ込み三人が犠牲になりました。
その事故の事故処理担当係長が息子でした。赴任してすぐの事です。
休みがなくなり大好きな車にのる時間もなくなり、家族団らんもなくなり・・・
心を病んでいったようでした。
そして相談して自宅療養になったのが10月でした。

   夜の11時すぎ−−−電話
       死んだ!!    と主人

すぐ次男が起きて来て 死んだ!! うそ!! 言葉になりませんでした。
私は 死んだ!? 誰? 死? どういうこと?
お兄ちゃんが? 死んだ? って何?
そのくり返しが頭に浮かび体がフワフワ浮いているようでした。

彼のメガネが涙でまっ白でした。
彼はどれ程の涙を流したのでしょう。
どんなに泣いて泣いて悲しみの絶望の中で死を決意し、
誰にも何も言わずに自分だけを責めて一人逝ってしまいました。
   二度と帰ることのない世界に・・・
警察官だった息子は三日間何も飲まず食べず、覚悟の自死でした・・・
でもドアはカギをかけてなし・・・心のどこかで助けを求めていたのでしょう・・・
決行しても一秒でも早くドアを開けてくれたら・・・と・・・どこかで期待をしながら・・・
あわれでせつない彼の心・・・
そこまで彼を追いつめたものは何でしょう。
人間関係、言葉   言葉の暴力  
するどい刃物より言葉は心を深くえぐります。
でも
人を責めず、自分を責めて責めて
”ゴメンナサイ” ”すみません” ”申し訳ないです” ”ガンバリます”と言い続け
逝ってしまいました。
”人は悪い事をしても、どうして悪いことをしたとは認めないんだろう。悪人だらけだよ!!”と
言っていた彼。
警察官という職業は合わなかったのか・・・と思うこともあります。
地域のふれあいの”おまわりさん”的な仕事はむいているようでした。
おじいちゃん、おばあちゃんが大好きで子どもが大好きで・・・
交番時代は楽しそうでした。
相談によくのっていたようでした。

死を決意し、ねむらず泣いていた日々
なくなる日・・・三日間

月曜は月が輝いて大きく、夜中に目がさめた私は
あまりの美しさに主人を起こして一緒にみてほしくて何度も声をかけて・・・
18階のマンションの窓から月をしばらくながめていました。
火曜日も又、同じように目がさめて主人に声をかけて・・・
大きく白く輝く月でした。
水曜は友人とランチをした時、肉の嫌いな私なのに、
ステーキがとても食べたくて・・・
人生で初めてステーキとハンバーグのセットを食べたのです。
夕方、その日は満月できれいな月でした。
友人と月の話しをして、”女は月をあまり見るとよくない事がおこるんだよ”
とか言われ・・・帰宅・・・
その夜の電話で息子の死
   その朝七時に亡くなったと
            いうことでした。

息子はお肉が大好きでした。
私を通してステーキを食べたかったのでしょうか・・・不思議です。
親バカですが・・・スポーツもでき、体力もあり、
そこそこ勉強も出来て身長も175cm体重90kg
やさしく真面目で・・・・・・
でもゲームもやり、映画も好きでたまにはパチンコもやり・・・
親思い特に私の事は大好きだったはずなのに・・・
相談もなく一言も死にたいと私たちにはもらさず逝ってしまいました。
結婚しないで独身だったら・・・
   一緒に暮らしていたら・・・

もう二度と会えない彼に”かーちゃん”と言われる事もなく、
笑顔も見られない、おいしいものも食べさせられない・・・
毎日、お兄ちゃ−んとさけんでみます。
   健一・・・と大きな声でさけんでいます。
一人っきりでの時
   会いたくて会いたくて
      名前をよぶのです。
弟もいつも、お兄ちゃんの好きなものを買って来ては仏壇に供えています。
夫も・・・私もスーパーに行くとつい彼の好物をさがしています。
夜中に目が覚めると彼の姿をさがしていて
お墓に行っても彼の姿をさがしています。
うっすらとでもいい 彼を見たいのです。
妊娠ですと言われた先生、あの場所から彼を産み−−−
34年の一秒一秒の想い出が頭に浮かびます。

ハイハイした日、たっちした日、入学の日
風邪ばかりひいていた彼 けんかした日
彼との34年間の想い出はこれから先ずーっと消えることなく
私の胸の内にあります。
でも 彼はもう、ここにはいない!!
弟が誕生日を迎えた日に、
”お兄ちゃんの年を自分が越えるなんて・・・!!”と・・・
もう彼が生きていた時のように笑うこともなく、
おいしいものも楽しいことも
二度とあの頃の感覚ではなくなっています。
笑っても・・・彼がいない・・・食べていても・・・彼はいない
きれいな景色をみても・・・彼はいない・・・
どこをさがしてもどんな時ももう彼は存在しないのです。
魂はあると思うけど、私には見えない・・・会いたい

自死
人間社会の最高の刑罰が死刑ですが、
死とは人間が最も怖れるものです。
   ”死にたくない”
不老不死の薬を望んだ昔の権力者たち、
自分の死は恐ろしいものです。

その死を
   自ら決意し 自ら決行する
自決は勇気ある者として讃えられます。
なぜ自死は忌み嫌うのでしょうか・・・
あってはならない事ですが、
その決断をさせた何かがあるのであって、
何もなくおだやかに笑っていられる世の中ならば
誰が好んで死を選びましょう・・・か

誰だって生きたいのです。生きたかったのです。
自死は彼らの責任ではなく、
残された私たち社会への大きな問いかけだと思っています。
そして救える命なのです。
確実に助けられる命なのです。

私は自死遺族だけでの運営による会をやっていて
多くの参加者があり、全国たくさんの方々とのつながりをいただき、
自死予防活動にも今年から力を入れています。
一人でも一日でも長く生きてもらいたい、生きてほしい
ひらすら願い毎日24時間の受付相談をやっています。

少しでいいのです
   やさしくありたい
ほんの少しの思いやりを
   一人一人もてたら
社会は大きく変わります

慢を人間が感じとり謙虚になれたら
必ず世の中がかわり、それが私達も住みやすい社会なのです。

ほんの少し・・・の やさしさ
   少しの想像力

私の息子は生きていました。
頑張って生きていました。
彼を誇りに思います。
inserted by FC2 system